現代の働き方はかつての働き方とは違う〜未来の働き手に、過去の働き方を押し付けてはいけない〜

と、思うんですよ。

昔ながらの〜、働く!と言う事は、外に出て会社などに通勤して、汗水たらして労働する事こそが働くと言う事だ!と言っているちょっと古い思考の人がですね、現代の若者に「労働とは〜」と言ってこんな話をしているんですよ。

でもこれって、過去の遺物と言うか既に化石化した思考なんじゃないか?と思わずには居られないんですよね。

現代社会においては、働き方もかつて当たり前だったドコかの会社に通勤して〜8時間〜9時間とか拘束されて働いて、それで対価となる賃金を貰う〜と言う方法はもう古いんですよ。

今のこのご時世〜、会社から与えられる仕事だけやっていく事に生き甲斐を覚える人はドンドン減って行っているのです。

今は、自分に出来るスキルで、他人には出来ないこのスキルをお金に替えて行く〜誰かがそのスキルを必要としてくれる所に働きに行ったり、または自宅で在宅でもそのスキルで作成されるモノをネット上で売り買いするという方式になりつつあるのです。

要は、これからの時代の仕事と言う概念は、誰からか与えられるものでは無くて自分で作り出すものに変わりつつあるのですよ。

なので、よく定年退職して、今までの人生〜会社の仕事が生き甲斐?だったお父さんが、自宅でドンドン老いて抜け殻の様になって行く〜と言う話を聞きますが、会社の仕事が生き甲斐〜と言う時代はもう終わりを告げようとしているのです。

会社から与えられた仕事をする生き甲斐じゃ無くて、自分にしか出来ないスキルの仕事を生き甲斐にして行くのが〜これからの仕事のスタイルだと思うんですよ。

と言う事なので、昔ながらの会社人間の人が、現代の若者に仕事の話〜と称して色々吹き込むのはちょっと止めてほしいと言うか、もう彼等には彼らなりの仕事のビジョンとか持っていて、その方向に進みたい!と言う願望や野望を止めてはいけないんです。

と、公園で延々高校卒業して春から社会人になると言う若者に説教していた、定年退職してヒマで仕方がないかつて会社人間だったドコかのお父さんに、言いたかったです。

本当にPHS利用者数は減ったのか

個人利用はアプリとかの高機能化に乗り遅れているからユーザー数は伸びてないのだろうけれど、法人利用は実際には多いかも知れない。

PHSはケータイに比べて桁違いに電磁波放出が少ないので、病院や工場の内線として使用されている。

公衆回線に使っていないとユーザー数としてカウントされないから、PHSは斜陽でダメダメだというように印象操作されているだけかも知れない。

そしてしみなどのコンプレックス産業は化粧品メーカーに印象操作されているだけかも知れない。

Willcomはソフトバンクが買収するっぽいが、破産してボロクソに安く買い叩けるならば、すごくお得なんじゃないだろうか。

ウィルコムが会社更生法申請を発表 負債総額2060億円